« DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 03 | MAIN | DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 05 »

DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 04
対談#001:: 建築デザイン・都市デザイン・メディア・アート・そしてこれらの境界をこえるもの 04

対談シリーズ #001
田中浩也(慶応義塾大学助専任講師)
濱中直樹(nest)
松尾邦彦(nest)
日高仁(udl/SLOWMEDIA/東京大学大学院助手)

DISCUSSION SERIES #001
Hiroya Tanaka (Keio SFC)
Naoki Hamanaka(nest)
Kunihiko Matsuo (nest)
Jin Hidaka (udl/SLOWMEDIA/University of Tokyo)
Translation:

対談 第4回
最初からお読みになる方はここをクリックください。
DISCUSSION part4
Click here to read the part1


田中 Hiroya Tanaka(HT)
僕のほうから、今やっている事と今までやってきた事を二本立てで話したいんですが、まず今やっている事は「放牧遊具」って言うのをつくっていて、これは屋外にあるテーブルやベンチにタイヤとGPSがついていて位置がわかるようになっている。それぞれの遊具にはモニターがついていて他の遊具の位置がわかるようになっている。それをこの夏実験的に、ある商店街で試験運用しようと思っています。
I would like to talk about my work in terms of I’ve done so far and what I’m doing now. What I’m working on now is something I call "Digital Pastured Furniture/ N-Park Project". They are outdoors furniture like tables and benches equipped with tires and GPS, so we are able to know their location. Each toy also carries a monitor, so they can locate other toys. This summer, I will try to test them in a shopping street.

最初は全部の遊具を一カ所に置いておくのだけど、それが一週間の間にどう動くかを見るという趣旨なんです。これはGPSを使って都市に対する可能性を考えたかった。なぜGPSかと言うと、今の情報技術で人と都市の関わりに有効な器具は、敢えてばっさり割り切るならば、GPSとデジカメの2つだと思うんです。
First, I want to just put all toys in one place and during one week see how they move around. This would also show the possibilities of GPS use in the city. Now, why GPS? Because for me, together with digital cameras, they are the two technologies that can be currently applied to the city.

都市をXYZの三次元で見た時にデジカメは人の日常的な視点、主観性みたいなものをコンピューターに貯めていく道具だと思うんです。逆にGPSは都市全体の中の自分の位置をはかり、その認識を獲得する道具です。
Digital cameras are tools capable of saving into computers subjective images of the city, seen in 3D and from the point of view of a person. For its turn, GPS provides the recognition of one’s location point inside the city.

この両方の視点を織り合わせると自分の住んでいる都市環境に対する見方がだいぶかわってくるような気がするんです。というわけで、デジカメとGPSのふたつをどのようにして都市に繋げていけるかということをいま考えています。
With this information, your perception of your own city’s environment should change significantly. So I would like to find out a good way to apply GPS and digital cameras in the city.

去年まで先行してやってきたのがデジカメでとった写真を行動的に構造化し直して3次元空間を表現するフォトウォーカーというソフトウェアだったんです。そこで今度はGPSの可能性についてじっくり考えてみようと思っているわけです。GPSは現在人の位置を確認するのに使われていますが、それを「もの」につける事で所有の関係が変わってくるような気がしているんですね。今まで一カ所に置いておかなければ管理できなかったものを、移動させても位置が確認できるので所有できるようになるだろうと。これによってよりオープン「もの」を共有できるようになることで所有の概念が変わってくると思うんです。
Until last year, my main project was the “photo walker”. Basically, it was a software built up from digital pictures restructured into a representation of a three-dimensional space. Now I want to concentrate on the GPS idea.GPS is being used nowadays mainly to locate people. I was thinking if we could not change the concept of possession by using it to locate things instead. So far, we can manage something only by having it in a determined place. But even if it moves and if we can control its movements and location, we could also keep managing it. Like this, we could more openly share things and the whole concept of possession could change.

東京の場合は公共のスペースが貧弱で、お金をださないと休憩できないというところに問題意識をもってこのプロジェクトを始めたという側面もあります。さっきからパラサイトとグランドデザインという事が出ていますが、僕は両方とも実はあまりよくわからないところもある(笑)。そういう言葉では考えてこなかったというか、とりあえず今は細かいツールやデバイスをいくつもつくっていくところから始めたいと思っているんです。それが全体としてどんな都市像として立ち上がるかは正直まだイメージできてないんです。
Tokyo is a city lacking public spaces. It feels like you can’t really take a break if you don’t pay for it. This is one more reason why I wanted to start this project. We were discussing parasite and ground design, and honestly I don’t understand neither (laughs).Maybe I just didn’t think with these specific terms, but I actually thought of first starting by creating small tools and devices. I still can’t picture how they would work together or stand as a city image.

僕の原風景としては1995年に阪神淡路大震災を体験しているのが影響しているかもしれないんですね。震災直後は水やら食料やら様々なものをそろえるところから生活を始めなければならなかったんです。今僕がやっているのは都市での生活を再構築するための「ツール」や「デバイス」を身の回りに集めていく作業なんです。その中で足りないと思うものを自分で提案してつくっていきたいと考えていて、そういうツール一つ一つを総合してソフトアーキテクチュアと呼べたらいいなぁという感じを持ちました。
Maybe my experience of the 1995 Kobe Earthquake influenced me. Just after it hit, the first thing was to gather things like water and food. What I’m trying to do now is like gathering tools and devices in order to rebuild the city. If I realize there is something missing, I would try to create them myself. And generically I thought it would be nice to call these tools Soft Architecture.

その観点でいえば、濱中さんたちのブランシュバイクのコンペで言えば、都市全体のヴィジョンを書くよりも、風船を商品として売って流通させる事の方が僕は興味があるんですよ(笑)。おもしろいデヴァイスをばらまく事で浸透していって、それが都市全体に 影響を及ぼすといいなぁと思っているんです。こういうボトムアップ的な都市の立ち上げ方にやっぱりこだわっている部分が大きいです。
From this point of view in the Braunschweig project, instead of creating a vision of the whole city, I would be more interested in distributing it by selling the balloons (laughs). By scattering funny devices and making them penetrate the city causing things to happen would be nice, I think. So I’m really inclined to think in a more bottom-up way of building the city.

松尾 Kunihiko Matsuo(KM)
僕も都市計画に対してそういうものでしかあり得ないのではという漠然とした感覚があるんです。ちょっとゲリラ的な方が。

HT
今回の新しいプロジェクトでは羊たちを放牧するようなイメージでベンチや家具を街にばらまいてみようと思っているんです。ベンチや家具の動きだけを見ていると、勝手にユラユラと「放浪」しているように見えるかもしれない。だから「放牧遊具」が仮タイトルです。

KM
このところパブリックスペースを新しくどうするかというような漠然としたコンペのためのアイデアを考えていたんですが、僕は元々巨大資本から何かを奪い取るみたいな事に興味があるみたいで、例えば無線LANのベースステーションを安くばらまいたりすると無線LANだけでネットワークが成立してしまって、今の電話回線はいらなくなってしまう。そうするとNTTはやる事がなくなって、今ある回線で新しい事をやり始めようとするとか。
The other day, I was thinking of something for a competition on “how to renew public spaces”. It seems that I have a special interest in thinking on how to get away with something from the “big corporate capital”… for example, if we could cheaply scatter around wireless LAN base stations, we could build up such a network that would make telephone lines useless. So NTT would be out of work and we could think of using these lines for something else new…

HT
ただ、ばらまく時にただの商品になってしまって資本に飲み込まれてしまうのは考えものだと思っています。僕はたまたまフォトウォーカーというソフトウェアをフリーウェアとしてつくって公開したら、実際に世界中に7万ぐらいの人がダウンロードしてくれている。コンピュータソフトではそれが出来た。ただそれがハードのデバイスとなるととどうなるのか。コンピュータソフトでいうところの「フリーウェア」や「シェアウェア」のようなものが、物質性を持ったデバイスとなった場合にも果たして成立するのだろうかというところに興味を持っています。
But you have to think that by scattering them, they would all the same become a commodity swallowed by the corporate capital. I happen to be thinking of launching the photo walker as a freeware. That would mean that about 70,000 people around the globe would download it. This kind of thing can be done with computer software, but how does that work with hardware? I’m interested in thinking on how to carry on the concept of freeware and shareware of software into hardware, devices.

極端に言ってしまえばそもそも都市計画とはある意味インフラの整備でもあるわけじゃないですか。そういう意味ではフリーデバイスを新しい都市のインフラとして成立させて流したいなぁという願望を持っているんですけどね(笑)これは要するに都市における「コモンなもの」に対する意識であって、「誰のものでもあり」ながら「誰のものでもない」中間的なものが都市生活を支えると思うんですよ。所有の関係を変えたいというのが、インターネットから受けた思想的バックグラウンドとして僕の中にはあるんですよ。
Taking it to an extreme, city planning isn’t in first place and in a certain way about maintenance of infrastructure? All the same, I wish I could make my free devices the new infrastructure of the city and just pour it in (laughs). For this, it would have to have a “common thing” feeling in relation to the city, something “belonging to everyone” and at the same time “belonging to no one”, a medium to support life in the city. I have this idealistic background that came from the internet, and this ideas of changing the concept of possession.

日高 Jin Hidaka(JH)
GPSはビルの中とかでも位置がわかるものなんですか?
With GPS can we locate even inside buildings?

HT
GPSはいくつも衛星が見えていないといけなくて今ははまだ死角が結構多いんです。高層ビルの谷間などはもう駄目です。ただしより細かく中継してくれる装置がまた別にあるので、地下でもビルでもある程度は計測できるようになっているんです。ただスケールの問題はGPSにもあって、ものや人が動いたと認識できる最小の単位が2メートルくらいなんですえ。僕が、今つくっている椅子とかテーブルがちょうど2メートルぐらいなので、人や家具の持ってるスケール感と情報技術や都市扱っているしているスケール感の微妙な接点が見つかってそのへんはおもしろいところだと思います。
For GPS to work, the object must be located by a number of satellites, so there are still several blind corners in the system. In the space between high-rise buildings for example it doesn’t work. But there are already several devices to minimize these interruptions, so underground or inside buildings can be measured. However, GPS also presents the problem of scale, so movements can be measured in units no smaller than 2 meters. Like my chairs and tables’ dimensions are always close to 2 meters. In the same way, I suppose the fun part is to find these subtle points between the human or furniture scale and the technology or the city scale to work on.

JH
GPSを使ったアーバンデザインで今あるような大きな通りを解体していって自分の位置と他者の位置を個別にわりだす事でもっとフリーな交通形態が生まれるというものがあったのですが。実際にこうなっていくのでしょうか?
There was an urban design project using GPS, which showed an fantastic vision with a new traffic system. In that project, we don’t need any streets for traffics any more, by calculating people’s locations with individual GPS. We also don’t need any signals because all the individual GPS would be cotrolled in the relation between the others and we can automatically avoid any accidents. Can this be really possible?

HT
GPSの可能性としてはあり得るし、アーバンデザインとしてにこれは面白いですよね。交通といえば、僕が去年やったもう一つのプロジェクトでは、同じ商店街なんですが、商店街の入り口と出口に仕込んだセンサーで商店街の人の交通量をはかって、それを宣伝とかに用いられる2m間隔でおいてある商店街のスピーカーを利用してそこから流れる環境音を変化させるような事をやりました。それもやっているうちに使っている通行人からのフィードバックがかかってきておもしろかったんです。
In terms of GPS it is possible and in terms of urban planning, quite interesting. I also worked on a project about traffic last year, in a shopping street. We set up sensors in the entrance and exit of a shopping street to measure people’s traffic volume in it. These were connected to speakers distributed along the street in intervals of 2 meters and controlled changes in the area’s sound system. In this way, it was interesting to provoke a feedback from the street users.

今まで、こうやっていくつも都市的なデバイスやツールを作っては試すといった実験をやってきたいんですが、そろそろこういう活動の意義を、みんなにわかりやすいメッセージとして発信する必要もあると思っていました。だから、このタイミングでの日高さんの「ソフト・アーバニズム/ソフト・アーキテクチャ」というトータルコンセプトの提案は、賛同できるところです。
I would like to continue building up city-like tools and devices and experimenting with them. But I also think it is necessary to make their meaning easily understandable to everyone. That’s why I think Hidaka-san’s Soft Architecture and Soft Urbanism total concept proposal comes in a very appropriate timing.

濱中 Naoki Hamanaka(NH)
さっきのアーバンデザインで気になるのは、交通手段それぞれでもっているスケール感の棲み分けがうまくいくように感じられないところです。ヒューマンスケールだけで考えていけばあると思うんですが、そこに車が入ってきたりPVがはいってきたりするとまた違ってくると思う。
What bothers me about that urban design project Hidaka mensioned is that I can’t see a good way to manage the diverse scale of the different means of transportation. I suppose it is easy when considering just the human scale, but adding cars or the PV system is a different thing.

都市計画において移動とか交通みたいなものって重要なテーマじゃないですか。情報はネットワークがあればすむけど、実体のあるものはどこかを経由していかなければならなくなる。ハブみたいな場所があって、ハブとハブを結ぶところが大きく開いた道のようなものとして機能している。少し引いてみるとそういったいろいろなレイヤーが混じり合ったさっきのような絵は描けるかもしれない。
Movement and transportation are important themes inside urban planning. Information can run on a network, but concrete things must run on concrete ways. There is a place like a hub and there is something functioning like a big street linking two hubs. Going back a little, I’m not sure if it is really possible to picture something with so many layers mixed up together.

KM
映画フィフスエレメントの中で描かれた都市を見て陸上に魚が泳いでるような違和感を覚えた。車のサイズがいまの大きさでなくなった時、幹線道路や交通のスタイルも変わってくるだろう。区画の形も変わってくるだろう。そういった中で今後の計画として車を使うのか電車を使うのかPVを使うのかという選択は重要な気がしている。デバイスみたいなものが流れを変えていくとして、フィジカルな都市も大きいレベルで変わらなければ。
I learned how to feel out of place like a fish swimming on land by watching the city portrayed in the film The Fifth Element. When cars’ dimensions aren’t anymore like today’s, the bullet train line and traffic style might also be different. Land plotting might also be done in a different way. Therefore I think it is important to define the means of transportation in future plans – cars, trains, PV? If the devices’ flow change, the physical city should also change deeply.

HT
SF的な事で言えばそれを支える技術は確実に進んでいて、日本もいま準天頂衛星などを飛ばしてセンシングの環境を自前でつくろうとしているんですね。GPSも今は他国のシステムを借りていて、非常時などは制限がつけられたり一時的に精度が落とされたりしている。ただ、測量やリモートセンシングから都市を見ようという側の動きでは、衛星をうまく使って別の視点を獲得しようという大きな動きがアジアを中心としてある。都市や地球全体を最も大きく全体を見られる視点なので、領土を拡大しているような気になれるのかもしれないですね。
In science fiction, the supporting technology is certainly advanced, but in Japan we are also in process of launching monitoring satellites in order to build an advanced monitoring environment. The GPS is currently borrowed from other countries and its use is restricted in case of emergency or is temporarily run on low accuracy if necessary. But trying to view the city through mapping or remote-monitoring, acquiring a different viewing point of the city by using satellites intelligently is one of the biggest issue in Asia recently. As a point of view that enables a widespread view of the whole Earth, couldn’t it as well enable enlargement of actual territories?

JH
衛星自体も所有物として見てるわけだ。
You are talking about satellites themselves as properties.

僕はメディアアートのようなものは都市の中でやるとおもしろいと思うので、今やっているSOFT ARCHITECTUREも今はギャラリーでやっているけど、それを街の中でやるとどんなことが起こるかといった方向にシフトしていこうとしているところです。田中さんのGPSとデジカメでというのはこれからどういう方向に向かおうとしているのですか?
I’m now showing Soft Architecture in galleries because I think it is interesting to apply media-art to cities, but I’m trying to change directions by thinking instead about what can happen if we show it in the city. What are the directions you are imagining for the use of GPS and digital cameras?

HT
最終的には、吉本隆明が言っていた「普遍視線」と「世界視線」に近いかたちでというか、都市に対する「意識のまなざし」の変容を情報技術的に拡張・再定義してみようという大きなビジョンで進めています。デジカメは現在これだけ普及してきていて、みんながこれだけデジカメで日常の写真を撮っていればだいぶ都市に対する見方が変わってきているのではと思っています。GPSの場合はまだおもしろい提案があまりないのでそこをねらっていきたいですね。
In the end it is something close to Takaaki Yoshimoto’s “Universal Eye” or “World’s Eye”. I can imagine it changing into a “Consciousness’ look” of the city, or into an expansion / redefinition in terms of information technology. Digital cameras are so popular nowadays and people take so many ordinary pictures with them that in a way, their vision of the city might also have changed. As I don’t have yet many interesting proposals for the GPS, I will be working more on it from now on.

JH
GPSがデジカメ並みに普及するとして、有効な使われ方を探すところでその所有の形態が変わるのではと思うわけですね。
So you think if GPS is popularized like digital cameras, by searching for new valid ways of applying it, the forms of property may also change.

HT
いまのところはそうですね。ところで、僕は元々車の運転もしないし、わりとゆっくりした生活をおくるのが好きなのですが、ひとつ聞きたかったのですが、日高さんの事務所のSLOWMEDIAという名前の由来について教えてもらえませんか?というのも、「メディア」と「スロー」というのは一見矛盾するように思われているのですが、そのへんを止揚して新しい領域に踏み込んでいきたいと思われているのではないかなと推測したのですが(笑)。
For now, yes. By the way, as a person who likes to have a quiet life – I don’t even drive – I would like to ask something, what’s the origin of your office’s name, SLOWMEDIA? In a glimpse, “media” and “slow” together seem contradictory, but by exploring this I’m guessing that you are trying to step into a new territory (laugh)…

JH
こんなにスローブームが来る前につけた名前なので(笑)、今となっては誤解されやすいんですが、メディアアートって考えているスパンとかも含めて寿命が短いじゃないですか?僕が建築とか都市計画とかに興味があるのは、一人の人間のライフサイクルを超えた長さを最終的な目標として持っていてそれに近づくメディアのあり方がないだろうかというところでスタートしている。建築とメディアアートをつないでいくと必然的にその辺が問題になってくると思うんですよ。
I came up with the name before this “slow-boom” (laugh), so it is easy to be misinterpreted today. Including media-art life span, isn’t life in general short? What I’m interested about in architecture and city planning is like setting a final objective that is longer than a person’s life cycle and trying to find the media to get closer to it. By putting architecture and media art together, it is inevitable to face this problem.

やってみないと実際更新の必要性があるかもわからない都市計画とかもあると思うんです。それが試しに出来るか出来ないかで、全然違う。
I also think that in city planning, in order to know exactly if a renewal work is necessary or not, things must be actually built first. It could be completely different if by trying first we could know if it can be done or not.

無難なところでやろうとすると、結局インフラの整備などに都市計画全体が向かってしまうしかない。一般的には、交通や流通など情報のスピードが上がっていくと均質化が進むんです。
If you want to do it the easy way, city planning can be just taken as things like maintenance of infrastructure. In general, transportation, circulation, etc tend to become more homogeneous with the increase of information speed.

そのなかで異質な要素を都市に向かって投げかけられるのは個人になると思うんですけど、都市のスケールで個人のアイディアを実現できるデバイスが何かないとおもしろくないんじゃないかと思うんですよね。その個人レベルの試行錯誤やトライ&エラーの発想が実現される方法はないかと考えた時に、仮設とか今とは違ったライトコンストラクションにしていく事で都市が変わるんじゃないかと思っているんです。
I believe it is up to the individual to throw a foreign element in this kind of city, but at the same time an individual idea to be realized in city scale might become uninteresting without something like a device. So I thought if maybe there couldn’t be a way to realize these individual-level ideas by trial and error. I thought that maybe by building temporary things, or differently from usual, “light construction”, the city could present some changes.

都市計画の中で行われるトライ&エラーって、本当に大事な気がしています。大きいものになれば失敗する確率も増えてきて、その時にどうするかと言う事が計画に含まれていないとまずい気がしますね。いつも全員がイエスと言えるものではなくていいと思っています。むしろトライ&エラーが出来るようにしていくにはどうすればいいかというところが一番のテーマで、スローと言ってものんびりやりましょうという事ではなくて、長く続く仕組みとはどんなものかを考えていきたいんです。
I think it is really important to build city projects based on trial and error. The probability of errors grow in big projects, so it is important to have that kind of information already in hand, as part of the project, in case something goes actually wrong. It doesn’t need to be something that everybody would say “yes” to. But the main point is how can we include a trial and error process into it. Slow doesn’t mean lazy, it is more like thinking about a process that can last longer.

HT
サスティナブルとも違うんですよね。
This is different from “sustainable”, isn’t it?

JH
ある意味重なるところも多いとは思うんですが、今一般に言われているサスティナブルって言葉はわりと狭い意味で使われていることが多いと思うんですね。もう少し破壊衝動を含んだサスティナブルというか(笑)。ある種の破壊とかエクスプロージョンみたいなものが必要だと思うんです。そういうものを含んだサスティナブルでないとサスティナブルとは言えない気がするんです。
There are some important similar points, but today “sustainable” is being used in such meaningless ways today. Maybe “sustainable” with a bit more destruction impulse (laughs). I think a certain destruction or an explosion-like thing is necessary. If it doesn’t include such things, then maybe I wouldn’t think it is somehow related.

東京を僕はあまり否定的に見ていなくて、この異様な景色が魅力になっている部分もあって、そこを加速する方向でいった方がいいと思います。今回は、東京をテーマに展覧会も雑誌も考えているんですが、次回は沖縄をテーマにしたいと思っているんです。自分自身この冬ぐらいから沖縄に事務所を開こうと思っていて、沖縄と東京を行ったり来たりする生活をする事になると思うんですが、場所から自由になる生活とはどういった事かを自分なりに考えたいと思っています。
I don’t see Tokyo in a negative way, I actually see these strange cityscapes as its attractive points which could sometimes be rather accelerated. This time we are working on Tokyo as an exhibition and magazine theme, but in the future, we are thinking of working on Okinawa as well. I’m even thinking about opening an office by winter time and commute between Tokyo and Okinawa. I want to be able to think myself living a life independently of a place.

活動する場所は沖縄でも東京でも上海でもスペインでもどこでもいいと。それが現実的にも、メディア技術の進歩によってかなり可能になってきているので、場所に縛られないアーバンデザインみたいなもの、例えば今回のフリーゾーンなどがそうだと思うんだけど、フリーで均質なものというのではなくその場に魅力があってわざわざそこに行くとか、自分で選択してその間を行き来するような考えをアーバンデザインは持っていていいんじゃないかと思っています。沖縄でのアーバンデザインと東京でのアーバンデザインが同じ密度で可能なんじゃないかと思っているんです。そういう事を次回以降考えていきたいと思っています。
It could be Okinawa, Tokyo, Shanghai or Spain. This is actually very possible with the advance of media technology, so we can think of urban designs not necessarily tied to places. For example, our free zones work a bit like that, not as a free and homogeneous place, but an interesting place that would attract people to go there especially, or somewhere we choose ourselves to come and go to repeatedly. I think we could apply the same density to urban designs in Tokyo and Okinawa. I want to think about these issues from now on.

具体的には今沖縄で島プロジェクトというのをやっている人がいて、自分たちの島をつくろうとしている人なんですが、おもしろいのが自分のホームページを持っていて、そこに何か書くとボランティアで人が集まってくるんです。人件費は酒と食事で置き換えられると考えていて何人増えてもあまり変わらないと。そういう発想でネットを使って全然違うタイプのコンストラクションデザインを場所の魅力のある沖縄でやっている。こういうところで新しいものが出来る可能性があると思うんです。そういう事例を含めて、次回の雑誌では考えたいと思っています。
Concretely, there are people working on a project called “Island project” in Okinawa. These people want to build their own island and the interesting part is that they have their own homepage where they post notes and people actually react to that, coming and gathering as volunteers. Personal costs can be covered with either drinks and food, so it doesn’t really matter how many people are added to the project. In this way they are doing a completely different construction design using the net, in a attractive place like Okinawa. Interesting new things like that are possible, so I want to think about and include such examples in the next magazine.

HT
そういう方向性で、最近は実践の方が今はたくさんされているんですが、理論の方もうそろそろ出てきてほしいとは思いますよね。
In practice, many people are already working in this direction lately, but I would like to see some development in theory as well soon.

NH
状況の方が先に来ちゃってますよね。
The conditions are set first?

JH
問題解決的にしかならざるをえないし、具体性を持ったものにしか興味がわかない人が多いですよね。ソフトアーバニスムはまだちょっと中途半端に抽象的なんですよ。
There is no othe way but only with a purely problem solving approach and there are many people who are juts interested in concrete things. Soft Urbanism is still a halfway, abstract work.

KM
でも大きいイデオロギーっていうものが存在し得ない状況で出てきたのがソフト・アーバニズム、例えばその場その場で対応していくようなものとしてあるんじゃないかと思うんですよね。
I suppose there isn’t a big ideology behind your concept of Soft Urbanism, like it is something that responds to each place specifically, every time.

JH
ただそれが実際機能するためには了承されるだけのバックボーンみたいなものが必要だと思うんです。それがいちいち個別単位でやっていると大変だという事だと思うんですけど。
The only point is for it to really function it is necessary to have something like a back bone structure to be approved. To make it one by one in a individual basis would be too much, I suppose…


back :: next