« REPORT::on Urbanisland workshop in Sydney, SHINKENCHIKU | MAIN | EVENT::JIKAN WO design SURU »

ARTICLE::Examine the cities
寄稿::「都市を診る」学会建築雑誌に寄稿しました

山代は日本建築学会の「建築雑誌 2006年12月号」の「特集::中国ーそこに日本の建築世界はどうかかわれるか」に記事「「都市を診る」ー中国での環境保全の実践」を寄稿しました。

中国に生まれ、東京大学の土木学科で学び、現在慶応義塾大学SFCで教鞭をとる厳網林助教授のインタビューをまとめたものです。地理情報科学を専攻し、中国各地での環境保全活動の実践も行う立場から、日本と中国での研究や実践の違い、現在急速に開発がすすむ中国の状況についてお話を伺いました。

一般書店では手に入りませんが、お手元にある方はぜひご一読ください。

「都市の中」の環境と「都市の外」の環境を一緒に理解していないことが大きな問題になります。(中略)都市の内外を分けずに環境をとらえる視点が必要だと思います。

理想的な都市や理想的な建築というのを考えて、それにできるだけまちを近づけるというのは都市計画のひとつの典型的なあり方だと思います。(中略)それに対して(「都市を診る」という視点で)まず診断して、悪いところを取り除く、あるいは悪いところと一緒に暮らすための策を考えるといった、今ある都市をベースにしてそれをつきあっていくという方法もある。