« City Switch 2008 IZUMO:: Izumo city GIS system | MAIN | City Switch 2008 IZUMO:: Meeting in Izumo City »

City Switch 2008 IZUMO:: Presentation and Meeting in Yamagata City
City Switchプロジェクト2008::0530-0531 山形ミーティング

200806lecture_joanne.jpg

SORRY, ONLY IN JAPANESE NOW!

5月30日、31日と山形市の東北芸術工科大学において、City Switchプロジェクトのためのモバイルパビリオンをテーマとしたレクチャーと設計課題の講評会に参加してきました。来日中のシドニー工科大学のジョアン・ジャコビッチさんも参加。

詳しくは山代のブログ「ヤマシログ」の記事を参照ください。

金曜日は朝9時前に上野駅で待ち合わせ。大野研OGでシドニー工科大学の助教を勤めるジョアン・ジャコビッチと事務所のアンドウさん。新幹線で仙台を目指す。車中で互いの近況を話す。

仙台に着くと駅前のバス停から高速バスにのり、山形市の東北芸術工科大学へ。普通は山形新幹線で山形市に行き、タクシーなどで大学へ行くのだが、今回の行き方の方が早くて安い。バスも大学の前まで行ってくれるのでとっても便利。プロダクトデザイン学科の准教授をつとめるニシザワくんが出迎えてくれる。研究室に荷物を置かせてもらい、その後山の上にある古民家を利用したそばやへ。とってもおいしい。

打ち合わせやレクチャーの準備をすませ、15:30よりレクチャーを開始。City Switchプロジェクトで使用する、移動可能なパビリオンをデザイン、製作するという課題をとっているプロダクトデザイン学科の3年生が主な対象者。ジョアンとヤマシロが話す。僕はリノベーションという考え方からはじめて、仮設的な構造物やイベントによって場所の可能性をプレゼンテーションし、共同体験を積み重ねることが新しい時代のアーバンデザインになるのではないかという考えを話す。(以下略)