MAIN

September 07, 2011

CitySwitch opend facebook page!!
CitySwitchプロジェクトのフェイスブックのページがオープンしました!

CitySwitchFB.jpg

CitySwitchプロジェクトのフェイスブクのページが開設されました。
http://www.facebook.com/CitySwitchJP

過去のワークショップの写真やブックレットの内容などがアップされています。

今後のイベントの最新情報などもこちらで紹介したいと思います。

ぜひ、ご覧の上「いいね!」をお願いいたします。

August 03, 2011

City Switch 2011 IZUMO::Twitter Start!
City Switch 2011 出雲::ツイッターアカウントは @csizm、 ハッシュタグ は #csizm

City Switchプロジェクトの公式ツイッターアカウント「 @csizm 」がスタートしました!「中の人」は当面、山代と久松が担当します。

City Switch 2011 出雲のイベントやワークショップの会場からのリアルタイムの情報や写真をツイッターでつぶやきます。
http://twitter.com/#!/csizm

また、ハッシュタグは #csizm 。ぜひ皆さんのつぶやきを投稿してください!
http://twitter.com/#!/search?q=%23csizm

July 18, 2011

City Switch 2011 IZUMO::SlowTourIzumo Minimum Station Shed Renovation Workshop
City Switch 2011 IZUMO::SlowTourIzumo 無人駅リノベーションワークショップ開催中!

20110716yokan.jpg

7月16日から18日の三連休を利用して、「City Switch 2011 出雲:: SlowTourIzumo 無人駅改修提案ワークショップ」 を実施しています。

今回は一畑電車の美談(みだみ)駅と、遥堪(ようかん)駅の2つの無人駅をとりあげ、再生のデザインを考えます。

今回は東京大学と首都大学東京から4人、地元は島根県立短期大学、米子高等専門学校、山口大学、近畿大学から5名、そして地元の出雲建築フォーラムの若手の建築家を中心に10名のメンバーが集まりました。

講師は昨年のCity Switchで「SlowTourIzumo スローツーリズモ」のコンセプトを提案したスタジオを指導した西澤高男さんに加えて、昨年は大社のスタジオを指導した海法圭さん、サポートとして山代悟さんが指導にあたります。

初日は提案対象となる無人駅の見学と最初のアイデアだし、二日目はその提案のブラシアップ、三日目の夕方には提案のプレゼンテーションというコンパクトなワークショップです。

City Switch 2011 IZUMO::SlowTourIzumo
City Switch 2011 IZUMO::スローツーリズモ

slowtourizumo_p.jpg

2010年度のCity Switchで提案した一畑電車と自転車を組み合わせたまち巡りの提案「SlowTourIzumo スローツーリズモ」というコンセプトに「ばたチャリ」という愛称をつけ、実際に一般公募の市民を対象にツアーを提案します。ツアーは一畑電車主催で実施されますが、City Switchでは、企画原案の作成、告知ポスターの作成、ツアーコースの共同開発やマップの作成、グッズの作成の他、無人駅のリノベーション提案や実製作を行う予定です。

主な流れとしては、

・5月7日、8日 講師・西澤高男+海法圭+学生2名+出雲建築フォーラムでルート設定のための事前調査
・7月16日―7月18日 無人駅リノベーションワークショップ
・7月30日 一般公募によるツアーの実施(第1回目)
・9月 一般公募によるツアーの実施(第2回目)、第二回ワークショップ

というような流れを予定しています。

ポスターはこちらをご覧ください!

September 01, 2010

City Switch 2010 Izumo:: City Mobility
City Switch 2010 出雲:: City Mobility スローツーリズモの提案

「City Switch 2010出雲」では、地域の重要な公共交通機関である一畑電車と自転車を組み合わせた、まちめぐりの体験をデザインし、プロモーションビデオを製作しました。

一畑電車は自転車を折り畳んだり輪行バックにいれることなく、そのまま車内にもちこむことが出来きます。その特徴を生かして、日常の足として、あるいはスローツーリズムの足として提案しました。

プロモーションビデオはワークショップ参加者によって出演、撮影、編集され、一週間弱の短期間で製作されました。

::プロポーザル