MAIN

September 01, 2006

DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 05
対談#001:: 建築デザイン・都市デザイン・メディア・アート・そしてこれらの境界をこえるもの 05

対談シリーズ #001
田中浩也(慶応義塾大学助専任講師)
濱中直樹(nest)
松尾邦彦(nest)
日高仁(udl/SLOWMEDIA/東京大学大学院助手)

DISCUSSION SERIES #001
Hiroya Tanaka (Keio SFC)
Naoki Hamanaka(nest)
Kunihiko Matsuo (nest)
Jin Hidaka (udl/SLOWMEDIA/University of Tokyo)
Translation:

対談 第5回(最終回)
最初からお読みになる方はここをクリックください。
DISCUSSION part 5
Click here to read the part1


田中 Hiroya Tanaka(HT)
今日の話で、ソフト・アーバニズムは何となくイメージが湧いてきました。だけど、ソフトアーキテクチュアの方はまだどうも(苦笑)。90年代にCGで動かしていたデジタルアーキテクチャとかヴァーチャルアーキテクチャとかと勘違いしたくないので、もう少し深くつかむために、説明してもらえませんか?
After this talk I have an image of what Soft Urbanism is, although regarding Soft Architecture (smile)… I don’t want to mix it up with digital architecture or virtual architecture that is being worked by computer graphics since the 90’s, so for me to get a clearer idea, could you please explain it again?

日高 Jin Hidaka(JH)
現状はまだ映像を使ったビデオインスタレーションで、やりたいことの何パーセントもやれていないんですが、アーバニスムってもともとソフトの面が強くって、今は理論と実践が乖離しているのだけども。建築やある状況をデザインする時に、いわゆる建築だけのデザインをする方が不自然だと思うんですよ。
Currently, it is still just a video installation using images and is just a fraction of what I want to do. Anyway, urbanism has a stronger “soft” side and presents some dissociation between theory and practice. When designing architecture or a certain condition, it is unusual to design just the so-called architecture.

Read more "DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 05"

June 26, 2006

DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 04
対談#001:: 建築デザイン・都市デザイン・メディア・アート・そしてこれらの境界をこえるもの 04

対談シリーズ #001
田中浩也(慶応義塾大学助専任講師)
濱中直樹(nest)
松尾邦彦(nest)
日高仁(udl/SLOWMEDIA/東京大学大学院助手)

DISCUSSION SERIES #001
Hiroya Tanaka (Keio SFC)
Naoki Hamanaka(nest)
Kunihiko Matsuo (nest)
Jin Hidaka (udl/SLOWMEDIA/University of Tokyo)
Translation:

対談 第4回
最初からお読みになる方はここをクリックください。
DISCUSSION part4
Click here to read the part1


田中 Hiroya Tanaka(HT)
僕のほうから、今やっている事と今までやってきた事を二本立てで話したいんですが、まず今やっている事は「放牧遊具」って言うのをつくっていて、これは屋外にあるテーブルやベンチにタイヤとGPSがついていて位置がわかるようになっている。それぞれの遊具にはモニターがついていて他の遊具の位置がわかるようになっている。それをこの夏実験的に、ある商店街で試験運用しようと思っています。
I would like to talk about my work in terms of I’ve done so far and what I’m doing now. What I’m working on now is something I call "Digital Pastured Furniture/ N-Park Project". They are outdoors furniture like tables and benches equipped with tires and GPS, so we are able to know their location. Each toy also carries a monitor, so they can locate other toys. This summer, I will try to test them in a shopping street.

最初は全部の遊具を一カ所に置いておくのだけど、それが一週間の間にどう動くかを見るという趣旨なんです。これはGPSを使って都市に対する可能性を考えたかった。なぜGPSかと言うと、今の情報技術で人と都市の関わりに有効な器具は、敢えてばっさり割り切るならば、GPSとデジカメの2つだと思うんです。
First, I want to just put all toys in one place and during one week see how they move around. This would also show the possibilities of GPS use in the city. Now, why GPS? Because for me, together with digital cameras, they are the two technologies that can be currently applied to the city.

Read more "DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 04"

June 14, 2006

DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 03
対談#001:: 建築デザイン・都市デザイン・メディア・アート・そしてこれらの境界をこえるもの 03

対談シリーズ #001
田中浩也(慶応義塾大学助専任講師)
濱中直樹(nest)
松尾邦彦(nest)
日高仁(udl/SLOWMEDIA/東京大学大学院助手)

DISCUSSION SERIES #001
Hiroya Tanaka (Keio SFC)
Naoki Hamanaka(nest)
Kunihiko Matsuo (nest)
Jin Hidaka (udl/SLOWMEDIA/University of Tokyo)
Translation:

対談 第3回
最初からお読みになる方はここをクリックください。
DISCUSSION part3
Click here to read the part1


日高 Jin Hidaka(JH)
さっき濱中さんが魅力的な都市は計画できないって言っていたんですが、僕は都市のデザインをするという活動はなくてはならないだろうと思っているんです。都市計画というこれまでの手法には限界があると思いますが。さっき田中さんがアーバンデザインは試行錯誤を前提としたバージョンアップみたいな方法はなかなか成立しない分野だっておっしゃっていたけど、僕はなんとかその方法を見いだすしかないんじゃないかと思っているんです
Hamanaka-san said that he doesnユt believe we can plan a real attractive city, but I still see urban design as an absolutely necessary activity. Sure there are limitations in the present city planning techniques, but I believe that we just need to find a way to get there, maybe by trial and error to the upgraded version Tanaka-san mentioned before.

やっぱりアーバンデザインといえども失敗することは多いし、エグジットのプログラムを含んだプロジェクトじゃないと、誰も責任を取れない状況になってしまっていると思うんです。
We have seen too many urban design projects ending up in failure, but if it is not a project with 'exit' programs, we will have a situation where nobody will be able to take responsibility for it anymore.

Read more "DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 03"

May 29, 2006

DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 02
対談#001:: 建築デザイン・都市デザイン・メディア・アート・そしてこれらの境界をこえるもの 02

対談シリーズ #001
田中浩也(慶応義塾大学助専任講師)
濱中直樹(nest)
松尾邦彦(nest)
日高仁(udl/SLOWMEDIA/東京大学大学院助手)

DISCUSSION SERIES #001
Hiroya Tanaka (Keio SFC)
Naoki Hamanaka(nest)
Kunihiko Matsuo (nest)
Jin Hidaka (udl/SLOWMEDIA/University of Tokyo)
Translation:

対談 第2回
最初からお読みになる方はここをクリックください。
DISCUSSION part2
Click here to read the part1


松尾 Kunihiko Matsuo(KM)
ところで、日高さんのいうソフトアーキテクチュアとは、具体的にはどういうレベルのものなんでしょうか?ネットワークだとか、仮想空間とか、そういったフィジカルじゃないもののデザインを含めてソフトアーキテクチュアというコンセプトをとらえればいいんですか?
By the way, Hidaka-san's Soft Architecture is concretely in what kind of level? Can we assume that the concept of Soft Architecture includes the design of non-physical things, such as network or virtual spaces?

日高 Jin Hidaka(JH)
ソフトアーキテクチュアという概念自体は70年代に磯崎さんが考えたものです。旧来のアーキテクチャはコンクリートや鉄で構築されたハードに属するものだという前提があって、その頭にソフトをつけ、あたらしい概念にしようとしています。僕はこの考えに影響を受けていて、単にソフトウェアとしてだけ建築を見るのではなく、ハードな側面とソフトな側面が複合したものであるべきだと思っています。だから、単独でソフトウェアのデザインをやろうとしているわけでもない。
The concept of Soft Architecture in itself started to be developed by Arata Isozaki in the 70's. Conventional architecture is made of concrete and steel, supposedly belonging to 'hard'. So he started to think about 'soft' as well and to develop a new concept. I was influenced by these ideas, but what I'm looking for is not only architecture from the point of view of software. I think architecture should incorporate both soft and hard components. So it is not simply a matter of designing software really.

Read more "DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 02"

May 26, 2006

DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 01
対談#001:: 建築デザイン・都市デザイン・メディア・アート・そしてこれらの境界をこえるもの 01

対談シリーズ #001
田中浩也(慶応義塾大学助専任講師)
濱中直樹(nest)
松尾邦彦(nest)
日高仁(udl/SLOWMEDIA/東京大学大学院助手)

DISCUSSION SERIES #001
Hiroya Tanaka (Keio SFC)
Naoki Hamanaka(nest)
Kunihiko Matsuo (nest)
Jin Hidaka (udl/SLOWMEDIA/University of Tokyo)
Translation:

都市デザイン/建築デザイン/メディア・アート:現在、これらの領域を横断する興味深い活動がいくつか始められている。そうした活動は、上記のカテゴリーを単独で考えたとき、そのいずれに属するものともいえない。それゆえあるときはメディアアートとして紹介され、あるときは建築雑誌に掲載されるものの、常に毛色の違う特殊事例として扱われる傾向にある。
Interesting new design works have been showed recently, crossing the boundaries of what used to be clearly defined as separate professional categories of Urban Design, Building Design and Media-Art. First considered as generally belonging to one of the above categories, these works used to be classified loosely as Media-Art or in some architecture magazine’s articles as exceptional cases related to Architecture.

私は、こうした活動が、やがて新しいデザイン領域をうみだす可能性を持っているのではないかと考えている。この対談は、こうした領域において活動している東京大学生産技術研究所助手(当時、現在は慶応義塾大学環境情報学部専任講師)の田中浩也氏、建築家の濱中直樹氏、濱中氏とともにメディアパフォーマンスグループnestに参加するメディアアーティストの松尾邦彦氏、SLOWMEDIA代表の日高4名により、2004年5月5日、六本木Colabにておこなったものである。
Personally, I believe that before long these forms of expression will represent a new, original category in Design. This conversation took place on May 5th, 2004, at the Roppongi Co-lab. All participants are trying to work on this new concept, including Hiroya Tanaka, Research Assistant at Tokyo University’s Institute of Industrial Science, Naoki Hamanaka, architect, Kunihiko Matsuo, media artist and member with Hamanaka of the media performance group nest and Jin Hidaka, head of the SLOWMEDIA office in Tokyo.

Read more "DISCUSSION#001:: Designing architecture, the city , media art and the next beyond the border 01"