MAIN

March 05, 2009

DUSP2008-2009 INTERVIEW::Marcus Westbury, Renew Newcastle
動的都市空間 インタビュー::マーカス・ウエストベリ(リニュー・ニューキャッスル代表)

動的都市空間 インタビュー
Marcus Westbury(Renew Newcastle代表)
2009年2月27日
@メルボルン、リバーランド
聞き手::日高仁、山代悟、安藤洋平

DUSP INTERVIEW SERIES
Marcus Westbury, Renew Newcastle
on 27th Feb 2009
@Riverland, Melbourne
Interviewer::Jin Hidaka, Satoru Yamashiro, Y. Ando
SORRY, ONLY IN JAPANESE NOW!

20090227MarcusWestbury.jpg

ーMarcusWestburyさんの活動について教えてください。

Marcus 私たちの活動はシドニーに活動拠点をもっている都市計画家のCraig Allchin氏らとの共同活動で、シドニーの北150kmほどにあるニューキャッスルという都市を舞台としたものです。工業都市であり私の出身地でもあります。昔は工業都市として栄えましたが、近年では衰退し、中心部は空き家が目立つようになっています。

私たちの活動は、このニューキャッスルの中心街にある空き家のデータベースをつくり、短期間ではありますがこれをアーティストに格安で提供するというもので、そのための会社をつくっています。

ー会社の名前はなんですか?

Marcus 「Renew Newcastle」といいます。これは非営利の会社です。

ヨーロッパではテンポラリーな場所の使用がとても活発ですが、オーストラリアではこうはいきません。ここメルボルンにも空き家がたくさんありますが、借りようと思ってもトラブルを恐れてなかなか貸してもらえないのです。この会社はここの家主との交渉や契約と行った困難な部分を引き受け、アーティストに場所を提供しようというものです。

ーヨーロッパではいわゆるスクオッティング(不法占拠)が良く見られますよね。以前ヨーロッパのアーティスト・ラン・イニシアチブ(ARI)を見て廻ったのですが、その多くはスクオッティングから始まっていました。

Marcus もちろんメルボルンにもそのようなスクオッティングの事例はなくはないのですが、とても例外的です。我々のしていることは、合法的なスクオッティングとでも呼べるかもしれません。

Read more "DUSP2008-2009 INTERVIEW::Marcus Westbury, Renew Newcastle"

March 01, 2009

DUSP2008-2009:: Sydney+Melbourne research trip
動的都市空間2008-2009:: シドニー、メルボルン調査

東京大学グローバルCOEプログラム「都市空間の持続再生学の展開」若手奨励研究
「動的都市空間計画の実践事例に関する研究」
GCOE (Global Center of Excellence) Youth Research Encouragement Program, the University of Tokyo
“Study on Practice of Dynamic Urban Spatial Planning” Research Plan


2009年2月のシドニー調査メルボルン調査の様子を山代悟の個人ブログ「ヤマシログ」に掲載しています。ご覧下さい。

You can read memorandum of the research trip to Sydney and Melbourne, only in Japanese :-).

February 19, 2009

DUSP2008-2009:: Izumo research trip
動的都市空間2008-2009:: 出雲調査

東京大学グローバルCOEプログラム「都市空間の持続再生学の展開」若手奨励研究
「動的都市空間計画の実践事例に関する研究」
GCOE (Global Center of Excellence) Youth Research Encouragement Program, the University of Tokyo
“Study on Practice of Dynamic Urban Spatial Planning” Research Plan


出雲での調査の様子を山代悟の個人ブログ「ヤマシログ」に掲載しています。ご覧下さい。

You can read memorandum of the research trip to Izumo, only in Japanese :-).

DUSP2008-2009:: Research Plan
動的都市空間2008-2009:: 研究計画書

urban dynamics laboratoryの日高仁と山代悟は、東京大学グローバルCOEプログラム「都市空間の持続再生学の展開」の「若手奨励研究」支援をうけて、「動的都市空間計画の実践事例に関する研究」に関わる調査旅行などを実施しています。下記は、その研究計画書です。


東京大学グローバルCOEプログラム「都市空間の持続再生学の展開」若手奨励研究
「動的都市空間計画の実践事例に関する研究」
GCOE (Global Center of Excellence) Youth Research Encouragement Program, the University of Tokyo
“Study on Practice of Dynamic Urban Spatial Planning” Research Plan

山代悟 Satoru Yamashiro
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 助教(研究代表)
Assistant Professor, Department of Architecture, Faculty of Engneering, the University of Tokyo

日高仁 Jin Hidaka
Assistant Professor, Graduate School of Frontier Sciences, the University of Tokyo
東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻 特任助教(共同研究)

安藤洋平 Yohei Ando
ビルディングランドスケープ(協力)
building landscape

What is GCOE Youth Research Encouragement?::

This research is sponsored by the Global Center of Excellence Program for sustainable Urban Regeneration (referred to as GCOE from here). GCOE is an endeavor to sponsor outstanding research centers, formed according to a government policy for the reformation of the organization of Japanese universities. In the Department of Architecture at the University of Tokyo the School of Urban Engineering and Civil Engineering applied for the GCOE funds with a proposal for a ‘Research Center for Sustainable Urban Regeneration’, and were accepted.

Outline of this research::

An analysis of independent art communities and art festivals will be undertaken from the perspective of urban planning.

Specifically, art communities, and in particular art festivals, in numerous places around the world will be analyzed according to their organizational content and history, and administrative methods, in order to make fundamental research into the techniques for intervention into existing urban spaces.

Inside each examples, the use of minimal funds to plan conversions of existing buildings, the retainment of the original urban spaces or social places, the collection of sponsorship from various social organizations, the actual realization of the project and the implementation of self-administration are some of the main characteristics of such art communities. We believe these examples will form a case study that approaches the key issue of urban planning of the future: ‘How do we use the city, rather than build it?’

This research asserts that urban sustainability should not only be evaluated according to the environment or energy concerns, but also include cultural concerns.


■目的:

 従来の長期にわたる大規模な都市計画は、成熟期、あるいは縮小の時期を迎える現代社会においては有効性を発揮しにくい。そのような社会においては、「小さなプロジェクト」から大きな流れをつくりだすトライアル・アンド・エラーの動的都市空間計画が有効であると考える(「アーバン・ダイナミクス」、山代悟+日高仁、『シュリンキング・ニッポン—縮小する都市の未来戦略』、大野秀敏+アバン・アソシエイツ、鹿島出版会、2008)。
 それには、「小さなプロジェクト」の実践を重ねると同時に、それをバックアップし、組織化する手法を確立していく必要がある。研究者自らが2006年度、2008年度に実践した事例に加えて、既に長い時間を経て小さな実践が大きな流れをつくった先駆的な事例を調査することで、小さなプロジェクトを大きな流れにつなげていく方法論・組織論の基礎的な知見を得ることが本研究の目的である。


Read more "DUSP2008-2009:: Research Plan"