« URBAN DYNAMICS | MAIN

REPORT::Joint Workshop in Shanghai
レポート::上海ワークショップ

レポート
「東京大学・同済大学合同ワークショップ in 上海」
山代悟


REPORT
'Joint Workshop between Tongji University
and the University of Tokyo in Shanghai'
Satoru Yamashiro
Translation: Noriaki Hayakawa
+Joanne Jakovich

2004年9月17日から26日にかけて、上海市同済大学において、都市の再生をテーマにした東京大学・同済大学合同ワークショップが行なわれた。海外でのワークショップの現状の一例として、講師の視点から今回のワークショップをレポートする。
From 17th to 26th of Sep. 2004, there was a joint workshop between Tongji University and the University of Tokyo at Tongji Univ. in Shanghai on the regeneration of a city. This is a report from the point of view of a lecturer as an example of a workshop overseas.

■ワークショップ概要:
ワークショップ名=「東京大学・同済大学合同ワークショップ in 上海」
期間=2004年9月17日〜26日
場所=上海市同済大学
ワークショップ講師=難波和彦教授、千葉学助教授、山代悟助手、日高仁助手(以上東京大学)、新堀学(ゲスト講師)、黄一如教授(同済大学)
ワークショップ参加者=東京大学学生16名、同済大学学生28名
敷地=上海市中心部の3敷地
用途=集合住宅、商業施設、オフィスなど自由に設定
構造=自由に設定
規模=自由に設定
Workshop Data
The title of the workshop = Joint Workshop between Tongji Univ. and Univ of Tokyo. in Shanghai
Date = from 17th to 26th of Sep. 2004
Place = Tongji Univ. in Shanghai
Lecturer = (Univ. of Tokyo)Prof. Kazuhiko NANBA, Associate Professor Manabu CHIBA, Research Associate Satoru YAMASHIRO, Research Associate Jin HIDAKA, guest Lecturer Manabu SHINNBORI, (Tongji Univ.) Prof. Huang Yiru
Attendants = (Univ. of Tokyo) 16 students, (Tongji Univ.) 28 students
Project site = 3(three) sites in Shanghai
Project use = free
Structure = free
Project size = free

■調査 survey:
ワークショップはまず敷地の調査分析から始められた。作業は東京大学から2名、同済大学から3、4名の混成チームを8グループ作って行なった。それぞれの大学に留学生もいるため、日本、中国だけではなく、シンガポールやアメリカからの学生も参加して行なわれた。
敷地はタイプの異なる里弄を含む3つの場所が与えられ、参加者は簡単な敷地見学の後にグループごとに敷地を決定し、調査を開始した。3日間の短い調査期間であったが、里弄の外部空間での居住者の行動や空間の使われ方を調査したり、居住者や里弄を取り囲むように建っている商店の従業員へのヒアリングを行なったりした。
中間講評では調査の内容ともに再生へのアイデアがプレゼンテーションされた。
Survey
The workshop started first from the project site survey. The survey was done by eight mixed teams made up of two participants from Univ. of Tokyo and 3 to 4 participants from Tongji Univ. The participants were not only from Japan and China but also from the US and Singapore. Three sites with different types of ‘li long’ were chosen and after some brief site research, participants fixed their site by group. The research was a short time of three days, however, attendants tried to categorize the behavior of residents and the way of use of the exterior spaces of li longs. Also they interviewed employees in shops, which are placed as if they surround the li long, and residents. At the interim report, students made a presentation of their ideas on the regeneration of the site as well as the result of their research.

■提案 proposal:
中間講評後はグループごとにプロポーサルの作成が行なわれた。ディスカッションは基本的に英語で行なわれたため、必ずしも互いに流暢でない言語で自分のアイデアを説明するのに皆、四苦八苦していた。
ディスカッションを聞いていると、コンセプチュアルで単一の原理で提案を組み立てようとする東京大学の学生に対して、より実際的な提案をもとめる同済大学の学生という傾向があった。これはまだ実際に設計という仕事が必ずしも実感がない日本の学生に対して、学生のうちからアルバイト的に設計の実務に入っていく上海の学生という状況の違いが影響しているのかも知れない(同済大学の学生たちは卒業するとすぐにでも自分のアトリエを構えて仕事を始めることができるそうだ)。
Proposal
After the interim report, each group made a proposal. The discussion was basically in English, therefore, everybody was equally troubled to explain his or her intents in an unfamiliar language. It seemed like the students from Univ. of Tokyo were rather trying to compose a conceptual proposal in a single principle. On the other hand, students of Tongji Univ. had a tendency to propose more practical ideas. This is probably because on one hand, Japanese students have less chance to touch the practical experience and the other hand, students in Shanghai have a practical experience as a part time job while they are still undergraduates. They say that the students of Tongji Univ. can open their own design office just after they finished their curriculum.

■そして conclusion:
今回のワークショップでは、実質10日間という短い期間の間に優れたプロポーザルが作られたと思う。ダイアグラムの提出にとどまりがちなところを、具体的な空間の魅力まで伝えようとする提案も多く、建築の再生を通して都市の再生を考えようとする今回のワークショップはまず成功したといってもよいと思う。
Conclusion
In this workshop numerous excellent proposals were produced even though the schedule was limited to 10 days. Usually these kinds of proposals remain at best in the format of representation using diagrams. However, a lot of proposals even developed concrete spatial qualities. Hence we concluded that this workshop, which was aimed to think about the urban regeneration through the regeneration of the buildings, finished with a successful result.

しかし、日本の参加者がなにを学んだのか、という意味において、都市再生のワークショップを上海に出かけて行なったということの意義を考えるといくつかの課題も残ったといえる。無論、参加者は異国での真剣な作業を通じて多くの貴重な体験をしたとも言えるが、彼らの建築的なアイデアや都市を見つめる視点に変化があったか、ということだ。
However, if we think about what the Japanese students learned through the workshop and why we had this workshop in Shanghai, some subjects remain. As a matter of course, every participant surely had a valuable experience through the workshop overseas, but the important point is whether or not they had a chance to change their point of view on architecture and urbanism.

多くのグループでは、高密な里弄の現状に対して、日本側の学生は各住戸の床面積を小さく限定したままで、多くの機能を複数の世帯で共有するというような提案を行ない、それに対して中国側の学生からはもっとプライヴァシーの確保された広い住戸をという意見がぶつけられていた。これは一人当たり4平米、という劣悪な居住環境を近年では20から25平米といったところまで改善してきた実績が裏づけとしてある。
In many groups, Japanese students proposed that high-density li longs with common utilities shared by several households, keeping the area of each residence small. On the other hand, Chinese students offered residences with larger space and privacy. This is probably influenced by recent improvements from the terrible living conditions of 4 sqm per person to 20 to 25 sqm per person.

このような議論だけではなく、さまざまな局面で日中の学生の価値観のずれが表面化した。どちらの意見が正しい、ということではないが、ワークショップのような場では、まず対象となる都市の物理的な状況や歴史的なコンテクスト、建築の詳細な観察だけではなく、その場所に住んでいる人々の率直な希望をまず素直に聞いてみること、そうしたことで普段日本で考えている価値基準とはまったく違う前提に立って考えてみること、そうした態度が必要なのではないか。
There emerged numerous gaps of consciousness between the Japanese and Chinese students on various topics. This does infer a discussion in which one opinion is correct, but teaches us about necessity. At the occasion such as a workshop, we have to listen to the frank opinions of those who live there first, with regards to care of the urban physical situations, historical context or detail of buildings.

ワークショップで行なわれる議論はゲームとしてのディベートのように相手を言い負かすことが「勝利」ではない。それまで身につけた「得意技」で相手をねじ伏せるのではなく、むしろいままでとは違う視点やアイデアをいくつ獲得できたかということがワークショップに参加したものの価値を決めるのではないか。そして、そのような姿勢こそがリノベーション、そして都市再生の現場では決定的であると思われた。自分にとっても海外に出かけて行なう初めてのワークショップであり、いろいろと考えさせられる12日間であった。
This may be how we can develop a different judgment from our usual consideration in our own country and this may be required. To beat the opponent in the workshop discussion is not the victory as in an ordinary game. Its value lies in the discovery of various viewpoints and ideas and the overall experience of the workshop. Although to defeat the opponent by the method, which they have already, will not provide it. It seems to me that such an attitude is decisive in renovation and urban regeneration. This was the first workshop overseas for me also, and the 12 days there provided much stimulation for thought.