« DUSP2008-2009 INTERVIEW::Marcus Westbury, Renew Newcastle | MAIN

City Switch 2010 IZUMO:: What is City Swtich?
City Switch 2010:: City Switchとは

出雲神迎の道地区等:建築・環境・再生ワークショップ
「City Switch 2010 出雲:: つながりをデザインする」
izumo_bataden_title.jpg

City Switchは、複数の都市をつないで建築家や都市計画家の交流を通じ、都市再生のアイデアを交換してゆくプロジェクトです。

2008年8月にはオーストラリア・日本国内からの講師・参加者が集まって最初のワークショップ「City Switch 2008出雲:: まちを元気にする技術」を実施しました。島根県出雲市の大社・平田・今市の三地区において都市再生像の一端をデモンストレーションすることができ、市民の方にもそれを好評のうちに体験してもらうことができました。2008年度のイベントblogはこちらをご覧ください。また、イベントをまとめたパンフレットPDFはこちらでご覧いただけます

また、2010年2月には第二回目のイベントとして東京と出雲から7人の建築家がオーストラリア・ニューカッスル市を訪問し、地元の学生や市民とワークショップを実施しました。ワークショップの様子はこちらをご覧ください

今回のワークショップはこれらのイベントに続く、第三回目のイベントとなります。第一回目でとりくんだ三地区に加えて、地域を結ぶ一畑電車と自転車を組み合わせたまちめぐりの方法を考えるスタジオ、出雲市の南にある雲南市でまちづくりに取り組んでいる早稲田大学古谷誠章研究室の協力を得ての雲南スタジオも開講いたします。

現在、ワークショップに参加する学生を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。全国からの応募をおまちしております。


■提案対象地区・企画内容・会場・講師(予定):
*一部都合により変更になることがあります。ご了承下さい。

□一畑電車
電車と自転車でのまちめぐり提案と実験。近未来の一畑電車の楽しみ方の提案
講師:
ジョアン・ジャコビッチ(シドニー工科大学 講師)
西澤高男(ビルディングランドスケープ/東北芸術工科大学 准教授)

□大社地区
出雲大社参道沿いの建物の活用方法の提案。大社地区のアーバンデザインの提案など。
講師:
日高仁(SLOWMEDIA/東京大学大学院 特任助教)
海法圭(海法圭建築設計事務所)
手銭和加子(アートコーディネーター/TEZEN 代表)

□木綿街道地区
旧石橋邸 活用プロジェクト。築200年の酒屋の空家を活用し、インスタレーションを行う。事前に打ちあわせやメールなどにて案を出し合い、イメージを共有する予定。
講師:
猪熊純(成瀬猪熊建築設計事務所/首都大学東京 助教)

□サンロード中町地区
サンロード中町商店街での夜市イベントのためのストリートファニチャー、仮設茶室の製作など
講師:
江角俊則(江角アトリエ/出雲古民家塾/島根県立大学 非常勤講師)
龜谷清(ナック建築事務所/広島工業大学 非常勤講師)
宇佐美淳(宇佐美建築設計室)
原浩二(原浩二建築設計事務所)

□雲南地区
廃校予定の塩田小学校 再生プロジェクト
講師:
早稲田大学古谷誠章研究室

[最終講評会 講演・クリティーク]
大野秀敏(アプルデザインワークショップ/東京大学大学院 教授) 
古谷誠章(NASCA代表/早稲田大学 教授)
山崎泰寛(建築ジャーナル編集部/ROUNDABOUT JOURNAL共同主宰)

[実行委員会]
委員長 大野秀敏(アプルデザインワークショップ/東京大学大学院 教授)
 幹事 山代悟(ビルディングランドスケープ/大連理工大学 客員学者)